南五味子

注册

 

发新话题 回复该主题

日本人逢喜事为何要吃红豆饭 [复制链接]

1#

お祝い事や、おめでたい席に欠かせない主食である「赤飯」。日本人にとって赤飯は、特別な日や行事に付きものの伝統食として親しまれています。しかし、そうした席で赤飯を食べる理由について知っている人は少数かもしれません。遇到值得庆祝的事、喜事的饭桌上不可缺少的主食是“红豆饭”。对于日本人来说,红豆饭是作为特别的日子和活动中需要的传统食物而被人熟知。但是,关于在这样的情况下吃红豆饭的理由,知道的人应该比较少吧。オトナンサー編集部では、日本の伝統食に詳しい料理研究家の麻生怜菜さんに聞きました。OTONANSA-编辑部就此咨询了对于日本的传统食物十分了解的料理研究家·麻生怜菜。

原型の小豆粥は「枕草子」に登場原型的小豆粥出现在《枕草子》里現代の赤飯は、小豆の煮汁をもち米に吸収させて蒸すことで赤く色付けしたものです。「小豆には、良質なタンパク質やビタミンB類、鉄分、ポリフェノールのほか、中性脂肪増加抑制や血液サラサラ効果のあるサポニンが豊富に含まれています。赤飯は小豆の栄養素が摂取できるヘルシーな伝統食です」(麻生さん)。现在的红豆饭是用红豆煮出的汁让糯米吸收后蒸煮,这样米饭就染上了颜色。“红豆中除了优质的蛋白质、维他命B类、铁质、多酚之外,还富含能抑制中性脂肪增加、让血液顺畅效果的皂甙。红豆饭是能够摄取红豆营养元素的健康的传统食物”(麻生)赤飯のルーツは古く、平安時代中期の「枕草子」にその原型として小豆粥が登場します。また、鎌倉時代後期の宮中献立について記した「厨事類記」には、桃の節句(3月3日)、端午の節句(5月5日)、重陽の節句(9月9日)など、季節の節目の行事食として赤飯を食べたという記録が残っています。その後、江戸時代後期には、一般庶民の「ハレの日」の食卓に赤飯が登場するようになりました。红豆饭的起源比较早,在平安时代中期的《枕草子》里其原型·小豆粥就有出现。还有,在记录关于镰仓时代后期的宫中菜单的《厨事类记》中有记载,在桃花节(3月3日)、端午节(5月5日)、重阳节(5月5日)等季节性的节日里,作为仪式的餐食都是要吃红豆饭的。之后,江户时代后期,在一般老百姓的有好事的日子里,饭桌上也会出现红豆饭。それでは、赤飯がお祝い事などの席で食べられるようになったのはなぜでしょうか。那么,红豆饭为什么要在遇到值得庆祝的事时吃呢?「日本では古代より『赤色』は災いや邪気をはらう力があると信じられており、『赤米』を蒸して神様にお供えする風習がありました。赤米が主流でなくなってからは、身近な小豆を使って白米に赤を付ける方法が採用され、厄よけや魔よけの意味を込めて、おめでたい席で振る舞われるようになったと考えられています」“在日本,从古代开始就相信‘红色’有着消灾除邪的力量,所以有蒸了‘红米’供奉给神明的风俗习惯。自从红米不再是主流开始,就采用了使用身边的红豆把白米饭染成红色的方法,包含了消灾驱邪的意思,因此成为了在遇到值得庆贺的酒席上的宴请食物了。”さらに、かつての日本は幼児の死亡率が極めて高かったため、生後7日目に赤ちゃんの健やかな成長を願ってお祝いする「お七夜」や、生後日目に子どもが一生食べ物に困らないように願い、また歯が生えるほど成長したことを祝う「お食い初め」などの行事で、赤飯を食べる風習が根付いたそうです。更有,曾经的日本因为婴幼儿的死亡率极高,所以在婴儿出生的第7天为了孩子健康成长而祝愿庆贺的“七夜”、出生后第天祝愿孩子一辈子都不会为饥饿而困扰以及祝福长牙这个成长阶段的“第一次吃饭”等仪式上,吃红豆饭这个风俗便扎根下来了。

地域によっては「縁起直し」の意味も根据地区不同也有“冲霉运”的意思一方、地方によっては仏事の際に赤飯を食べる習わしもあります。「凶を返して福とする」という「縁起直し」の意味を込めて食べるそうです。現在でも、福井県や群馬県の一部地域では、お葬式に赤飯が振る舞われることも。」。另一方面,根据地方不同也有在做法事时吃红豆饭的习惯。据说是冲着化凶为吉的“冲霉运”的寓意而吃的。即使是现在,在福井县、群马县的一部分地方,葬礼上也会用红豆饭来招待客人。ちなみに、赤飯の上に飾られていることの多い「南天の葉」は、「なんてん」=「難(なん)を転(てん)ずる」という語呂合わせから、縁起の良いものとして使われるようになりました。「南天の葉には防腐作用のある成分が含まれており、赤飯の熱と水分による腐敗を抑えてくれます。厄よけの意味合いや見た目の美しさだけでなく、とても理にかなった添え物なのです」。顺便一提,在红豆饭上装饰的较多是“南天竹叶”,因为“nanten”=“转难”,是谐音,所以也被用于吉利的事物上。“南天竹叶含有防腐作用的成分,所以会抑制红豆饭的热度和水分引发的腐败。不仅仅是有消灾的含义以及外观的美丽,(南天竹叶)是十分合理的搭配物”。

日语零基础直达N1/N2五折限时报名!

分享 转发
TOP
发新话题 回复该主题